A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
暑中お見舞い申し上げます
b0194576_16214499.jpg
暑い日が続いているので、白くまの格好をした息子の写真を載せてみます。半年ぐらい前の姿ですが、今見るとちっちゃい!そして足が短い(笑)子供にコスプレをさせるのってどうよ、と思っていた時期もありましたが、今ではハロウィーンを心待ちにしている自分がいます。今年はやっぱりハリー・ポッターかしらね。

東京の夏が暑いので、節電辛いと思ってましたが、フィラデルフィアも気温が38度と聞いてびっくり。。。フィリーの我が家、ベッドルームにはエアコンを取り付けてない(奥にしまってある)ので、夫はついにリビングで寝てるらしいです。

息子は東京に来てから二語文が上手になりました。けっこう言葉が早いので、何が欲しいのかわかるのは、親にとっては助かります。ただ、食べ物やおもちゃ関係の要求が激しい&話すので無視しづらい状況になってきたので、駄々をこねることが増えたかも。。。もうすぐ魔の二歳児、ここからが子育て本番だと思ってます。息子との日本でのお出かけも、少しはブログに載せられたらいいなと思いつつ、いつも写真を撮り忘れてます。あーあ。
[PR]
by gophillies | 2011-07-24 16:43 | a day in Tokyo
一時帰国。
「母が手術するので一時帰国します」と書いて、そのままブログを放置してしまい、すみませんでした。心配してくださっている方がいらっしゃるので、ご報告までに書いておきますと、母は先月末に退院して以来、少しづつですが日常生活に戻りつつあり、体力も回復してきています。病名については伏せていたのですが、大腸がんで、S状結腸という部分のがんでした。そして今日、手術後の検査結果が出たのですが、ステージ2だったということもわかりました。自覚症状があってからの診察だったので、ステージについてはとても心配していたのですが、今後の抗がん剤治療もなく、しばらく様子をみつつ病院に通うことになります。

まだすべての不安が拭いきれたわけではありませんが、手術も術後の経過も良好だったので、家族もほっとしているところです。今年に入ってからの震災や原発事故、そして叔父・叔母の急死、、、など、「何が起こるかわからない」という目に見えない不安に取り付かれていた矢先に、母が病気だということがわかったので、重く、辛い状況でしたが、今では家族が楽しく笑う場面も増えて、本当に命の尊さを実感しています。

母の代わりに家事をこなすのは難しいですが、家族の協力でなんとか乗り切れています。息子は状況を把握していないので、ひたすら元気で、たまに母の傷口に手や足が当たったりしていますが、、、構ってくれる人がたくさんいるので、すごく嬉しそうです(笑)

今年の夏を実家で過ごす事が出来て本当に良かったです。そして、そう勧めてくれた夫にはすごく感謝しています。フィリーに戻る頃には、母もだいぶ回復してるといいな。
[PR]
by gophillies | 2011-07-13 21:00 | a day in Tokyo