A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ホリデーシーズン
すっかりフィラデルフィア生活の様子を放置していましたが、カンクン旅行以降、腰痛やら風邪(親子3人とも)にかかって、しばらく軟禁状態でした。。。せっかくのホリデーシーズンなのに!と残念ではありますが、一歩外を出ると気温は最高気温でもマイナスだったりするので、のんびり過ごすのが正解かもしれません(苦笑)

とはいえ、クリスマスムードが溢れるフィラデルフィアはすっごく綺麗です。日本ならここぞとばかりに「ロマンチック」そして「カップル向け」の商戦に走るところですが、アメリカのクリスマスはあくまでファミリー向けのイベント。なので温かくて楽しいムードになってます。TVで放映される映画もクリスマスものばかり。息子がもう少し大きくなったら、もっともっとイベントとして楽しめそうなので、来年のこの時期が今から楽しみ。

外出するたびに写真をたくさん撮っていたのですが、残念ながらパソコンのフォトビューアーが作動せず、ブログにも載せられません。。。近所の公園のツリーや、Macy'sのデコレーションetc、綺麗なだけに残念!あとは市役所前のChristmas Village(クリスマス村)も楽しかった!ちなみにここのクレープ屋で、私の英会話の講師が短期の仕事として働いてます(笑)

というわけで年末年始も何かとイベントがあるフィリーですが、私たちは明日から日本へ一時帰国します!久しぶりに家族や友人に会うので、すごく楽しみ☆和食が恋しくなってきた頃なので、たくさんエネルギー(食べ物)を蓄えたいと思います!
[PR]
by gophillies | 2010-12-21 10:15 | a day in Philly
カンクン旅行―チェチェン・イッツア―
カンクンはさすがに観光地ということもあり、日帰りで行ける観光スポットがたくさんありました。基本的にはホテルでだらだらしていた私たちですが、せっかくなので世界遺産のチェチェン・イッツアへのツアーに参加することにしました。そう何度もメキシコに来ないだろうし!と意気込んで申し込みましたが、夫には「行ったことあるよ。また行くとは思わなかったなあー。あんまり覚えてないから嬉しいけど!」なんて言われてしまった。(過去に、一緒に行ったベルサイユ宮殿で「たぶん来たのは4,5回目。」と言われた経験もあり。。。)

しかしこのツアーで途中に立ち寄ったセノーテと呼ばれる洞窟は夫も初体験(覚えてないから)で、洞窟好きな私にも堪らないスポットでした。ちなみにユカタン半島には他にもたくさんのセノーテがあり、水が貴重だったために古代の神官達から神聖視されていたそうです。
b0194576_145273.jpg
この写真は下に降りて撮りましたが、上から見下ろしても迫力がありました。遊泳OKということで何人か泳いでますが、実際はかなり深いそうです。ほぼカナヅチな私には恐ろしくて真似できません。というわけで南米女性たちの水着姿を横目に、神秘的な雰囲気を味わうことが出来ました。何か間違ってる気もしますが、色々面白かったです。

ダンスショー付きのランチを食べた後は、お目当てのチェチェン・イッツアへ。
b0194576_14144250.jpg
ジャングルの中に突如そびえる巨大な遺跡。思ってたよりも大きいなーという印象です。ガイドから遺跡にまつわる説明をうけましたが、よく考えたなあと思うほど、緻密な計算の上に造られているのには驚きました。
b0194576_14222279.jpg
こちらが生贄を捧げたという神殿。今まで生贄=若い女性という、出典不明な知識を持っていた私ですが、生贄の対象になったのは戦士だそうです。それも、戦いに勝った方のリーダーという説。ただ、負けた方のリーダーも捕虜にされて殺されるそうなので、勝敗がどちらに転んでもリーダーは生き残れないのが不憫な気もしますが・・・。どこまで本当かわからない、というところが歴史のロマンであり、興味深いですね。(と簡単に締めくくる。)

やっぱり来たからには見ておきたいということで、片道約3時間の距離でしたが、早起きして行って良かったです。もっと言えば、ちゃんと勉強してから来たら良かったな・・・なんて思った遺跡訪問でした。

お勧めレストラン。
[PR]
by gophillies | 2010-12-13 15:05 | travel
カンクン旅行―ホテル編―
b0194576_355132.jpg
久しぶりの投稿になってしまいましたが、サンクスギビングの連休を利用して、11月24日~28日までカンクンへ行ってきました。極寒のフィラデルフィア(最近は、最低気温がマイナス・・・)から飛行機で約4時間の距離ですが、そこはもう完全に別世界。一応メキシコも冬なんですが、常夏のような日差しと気温でした。そして青い空と、さらに青い海。人生で初めて、こんな色の海を見たってぐらい青かったです。というより、エメラルドグリーンみたいな、人工的とすら思える色でした。
b0194576_4122632.jpg
ホテルはリッツ・カールトンに泊まりました。せっかくのリゾートなので、評判が良いホテルでゆっくりしたかったということもあり、奮発しましたがここに決めて良かったです。そして息子連れでも居心地が良かったのが一番嬉しかった。カリブ海にはハネムーナーやカップル向けの隠れ家ホテルがたくさんあるので、外資系の大型ホテルはわりとファミリー層向けなのかな?と思ったり。
b0194576_4442646.jpg
泊まった部屋が赤ちゃん連れ用ということもあったのだけど、ベビーグッズが大充実。写真の他にも、プレイマットやオムツポット、哺乳瓶ケース、さらにはアメニティーとしてケアグッズやセーフティーグッズなどなど・・・。赤ちゃん向けのランドリーバッグまで!もともとはこの部屋に泊まる予定じゃなかったけど、息子と過ごしやすくて快適でした。ちなみに大人用のベッドやアメニティーは特筆するものはなく、むしろベビーグッズの方が豪華だったという。。。(笑)客室自体はやや年数が経ってる感じが否めませんでしたが、海が見えるバルコニーが良かったです。

ホテル内の食事は割高ではあるけど、どれを食べてもけっこう美味しかった。そしてお酒、特にマルゲリータも美味しかった(笑)モヒートといい、ピニャコラーダといい、南国のカクテルって何でこんなに美味しいんだろ?ちなみにスペインですがサングリアも大好物です。
最後の夜にベビーシッターをお願いして地中海料理のレストラン『Fantino』へ行ったのですが、雰囲気も味も良かったです。ロブスターのラビオリが美味でした。ちなみにシッターサービスは良心的なお値段で、夫いわく「親にホテル内で遊んでもらうためじゃない?」とのことですが、納得。子連れは朝は早いけど、夜は部屋にこもりがちなので、こういうサービスはありがたかったです。
b0194576_4584036.jpg
最後にホテルのロビー。クリスマスの飾りつけは、レストランでもされていました。明るい外の様子とは打って変わって、落ち着いた雰囲気が素敵でした。

次は日帰りで訪れたマヤ文明の遺跡、チチェン・イッツァについて書きたいと思います。

リッツの比較。
[PR]
by gophillies | 2010-12-03 05:14 | travel