A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Philadelphia Zoo
b0194576_5382961.jpg
秋晴れの先週末、いつもより暖かかったのでフィラデルフィア市内にある動物園へ行ってきました。「地味だけど 歴史はある街 フィラデルフィア」の句に相応しい、アメリカ最古の動物園です。俳句は勝手に作りましたが。
写真は園内のアトラクションとして有名な気球。息子が興味を示すようになったら乗ってみようかな?ということで今回はスルー。ちなみに着いたときに息子は寝てしまったので、ひとまずお昼ご飯を食べてから見てまわりました。

一眼レフではりきって写真を撮ったので、需要があるかはわかりませんが、どんどん載せます。
b0194576_5459100.jpg
あちこちで見かけた、動物型のレゴブロック。遠くから見るとけっこうリアルで一瞬本物かと思いました。
b0194576_5452666.jpg
本物。
b0194576_546583.jpg

b0194576_5471969.jpg
猫科の動物は綺麗だなー。カナダ山猫も雪豹も、初めて見たので嬉しかったです。雪豹の毛皮が素敵!だなんて不謹慎な事を考えてしまった自分・・・。
b0194576_5484753.jpg
ツキノワグマ、生息地に「JAPAN」の名前が。本物はけっこう大きいのね。
b0194576_5454651.jpg
微笑ましい親子キリン。

というわけでごく一部ですが、こんな動物たちがいました。何歳になっても動物園は楽しいですね。息子もさかんに指差し&声を出して、始めて見る動物たちに大興奮していた様子。ちなみに彼のお気に入りの順番としては、食べ物の次に動物が好きみたいです。まだ恐竜や乗り物にはあまり興味がなさそう・・・。早く一緒に恐竜展とか見に行きたいなあー。

爬虫類・両生類館(苦手な人注意)
[PR]
by gophillies | 2010-11-19 06:09 | a day in Philly
Sufjan Stevens @Academy of Music
やってきました、スフィアン・スティーヴンスのコンサートin Philadelphia!ということで数ヶ月前にチケットを購入し、楽しみにしていた私。夫の理解もあり、「せっかくだし、アメリカでは好きなコンサートになるべく行こう」と決めたわけですが、それでもいくつか条件が揃わないと行けないので、本当に嬉しい。まず、夫の仕事の状況が第一。そして、コンサート会場が近くないとNG。そしてもちろん息子の体調・・・などなど、制約はあるものの、日本よりも安いチケット代とアーティストの充実度はやっぱり魅力的。

今回は会場もすごい近い。家から3ブロック、徒歩5分です。
b0194576_1317698.jpg
なんとなく劇場風な外観で、期待は高まります。海外のコンサートって、会場も楽しみの一つ!今まで教会やカフェやバーなど、色々な所で観てきたものです。

とはいえ・・・・・
b0194576_13183631.jpg
えええええーーーここーーーーー?!
ものすごくオペラ座に似てたんですが。勿論ゴージャス感は劣りますが、それでもロック(フォーク?)のコンサートでここですか?っていう雰囲気でした。シャンデリアだよ・・・。

ちょっと面食らいつつも、期待は高まります。そんな中で登場した前座のDM Stiths。まったく知らなかったものの、しっとり系のSW(シンガーソングライター)でかなり気に入りました。実は彼、前座だけでなくスフィアンのバンドの一員としても参加していたのですが、そんな彼のMC→「スフィアンの近くで演奏するから、彼のダンスも真近で見れてナイスだよ!」私→「(スフィアンって踊るの・・・??)」

というわけでスフィアンのライブですが、一言で言うと「ダンス!!!」なコンサートでした(笑)予想以上に派手めな舞台とパフォーマンスにびびりつつも、彼のエンターテイナーとしての一面を観ることが出来て大満足。だってね、バックダンサーをつけて、自らも歌いながらダンサーと一緒の振り付けで踊っちゃうんですよ!しかもファンサービスすぎる長ーーーいMC。たぶん、私が今までに見たMCの中で一番長い&面白かった!以下、一部紹介。

「今夜僕が演奏するのは、死と、傷心と、黙示録と、世界の始まりと世界の終わり、そして世界の真ん中についてだよ!!今僕らは、世界の真ん中にいるんだ。チケット代に値するライブになるといいな!」
「4階のバルコニーの皆、元気にやってる?リハーサルの時にそっちに上ってみたけど、すごい高くて怖いよね。いやほんとに、どうやって立ってるかわかんないよ、すごいよみんな。僕は水と高所恐怖症だったからさ、まじで怖いんだ。高所恐怖症といえばね・・・(と、学生時代の話を延々と続ける)」
「この曲は鳥についてだから、鳥の羽をつけて歌うよ」

・・・とまあ、私の訳が若干悪い気もしますが、こんな性格なの??って思っちゃうほどお茶目&天然ぶりでした。全然、説明の「死と傷心と黙示録うんぬん」って感じじゃないんですが(笑)
それにしてもノリの良いアメリカ人の観客。というわけで、本場ならではのコンサートの雰囲気を堪能できて、それは嬉しかった!が、一言言いたいのは・・・

「天才&孤高のシンガーソングライター→面白いアメリカ人の兄ちゃん」的なイメージになってしまったんですけど!!

とはいえ、アンコールで一人で登場し、さらっと演奏した2曲(ピアノ&ギター)は感動的ですらあって、そのギャップにやられました。。。あの性格で繊細な曲をかけるんだから、やっぱりすごい才能だよなあー。
[PR]
by gophillies | 2010-11-13 13:53 | music
Garces Trading Co.
久しぶりの投稿です。先週末にサマータイム(じゃなくて、アメリカではDaylight Saving Timeというらしいです)が終了し、一時間前にずれた生活がスタート!なので、なんだか眠い。。。というわけで、最近は息子の寝かし付け時に爆睡してしまうこともあり、もはや先に寝てるのは息子だか私だかわかりません。

でも言い訳のようですが、暗くなるのが早いせいもあると思う。滅多にNight Out出来ない私には、辛い季節がやってきました・・・。(なのでさっさと寝るに限る。)

先週末には、以前の投稿で紹介したGarces Trading Companyというレストランに行きました。久しぶりに会う友人夫妻のBingとAnnieを誘ってブランチ。
b0194576_12375548.jpg
比較的新しめの感じで、内装はシンプル・モダン。料理はイタリアンやフレンチをベースにしたアメリカン?という感じでした。ブランチは3コースで25ドルとけっこう良いお値段でしたが、味は期待以上に美味しかった!頼んだのはサーモンのタルタルと鴨のコンフィ&サラダ。デザートのパンプキン・ムースもアメリカなのに(←重要)甘すぎない&ちゃんとかぼちゃの味がする!ということで、久しぶりにレストランで口に合うデザートを頂きました。
友人夫妻も気に入っていたみたいで、「ほんと、良いレストランたくさん知ってるよねー」と言われたけど、フィラデルフィアには確かに行きたいお店はたくさんある。ありすぎる・・・。Yelp(口コミサイト)にはお世話になってます。

息子にご飯をあげながらのブランチでは、ネイティブの会話が聞き取りづらかったのが残念。。。でも旅行の話や普段の生活のことなど聞けて、とっても楽しかった!友人たちも食べることが好きなので、いつか自宅に招待して、日本食を作ってみたいな。
b0194576_1248448.jpg
ここではチーズやハム、ワインなどのイタリア系食材も売られています。満腹なはずなのに、試食の白トリュフオイルをパンに漬けて、もしゃもしゃ食べる私たち夫婦。いやー、気軽には買えないけど美味しい。でも結局買って帰ったのは、鶏レバーのムースでした。実はまだ空けてないのだけれど、食べるのが楽しみ!
[PR]
by gophillies | 2010-11-13 13:00 | restaurant/cafe
Happy Halloween!
ハロウィン関連のイベントが盛りだくさんだった先週。
ちょっとですが、どんなものがあったのか紹介したいと思います。
b0194576_14141882.jpg
まずは、Gymboreeのハロウィン・パーティー。この写真は、ハロウィン関係の工作をしているところ。息子はまだまだ工作に興味を示す月齢じゃないので、ほぼ私の手による作品が出来上がりましたが満足です。その後はお菓子を食べたり、コスチュームの投票があったり。で、息子は見事に『Silly Costume』部門で賞をもらいました。Sillyってちょっと微妙な気もしますが(笑)でも賞品のGymboree玩具は息子のお気に入りとなったようで、良かったです。

b0194576_14241774.jpgかぼちゃのカービングにも人生で初めて挑戦してみました。まずは基本から、ということでJack-o'-Lanternを彫ってみましたが、万能包丁で挑んだために、必要な部分まで切り落としてしまい、前歯のないジャックの出来上がり。気のせいか、あんまり怖くない姿になりました。
でも息子はこのカボチャが気に入ったらしく、さかんに指差していたので作った甲斐があったなーと思いきや・・・次の日に、蓋の部分がかじられていました(涙)食べ物として興味があったのね。。。


ハロウィン前日の30日には、Rittenhouse Square周辺のお店がTrick or Treat出来るようになり、仮装した子供たちで賑わってました。私たちも何か貰えるかしら?とわくわくしながら仮装して出かけた結果、どっさりのお菓子と、なぜかサンプルやカタログまでget。ティファニーにいたっては、(夫に)「Your wife needs a real treat!」みたいなことを言ってて、商売上手だわ~なんて感心してしまった。というわけでジェダイ姿のままでなぜか試着までさせてもらった私。お店の品位を確実に下げていました。
b0194576_14324964.jpg

ハロウィン当日には、近くの川沿いでハロウィン・パレードとまたまたコスチューム・コンテストがありました。こちらもお友達に誘っていただいて、イベント情報に疎い私はいつも助けて頂いてます。
b0194576_14421360.jpg
子供と犬のコスチューム・コンテストだったのですが、犬に関しては始めて見るコスチュームばかりで面白かったです。そして可愛い&気合の入った子供のコスチュームを見るのは大好き!お友達の子供は動物やかぼちゃの格好をしていて、全員で並ぶと親的にかなり良いショットが撮れました。

日本にいるときはあまり馴染みのなかったハロウィンですが、アメリカ的なイベントに参加できてとっても楽しかったです。お次はサンクス・ギビングかしら。
[PR]
by gophillies | 2010-11-03 14:49 | a day in Philly