A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
11ヶ月。
息子の様子を覚書き。

・つかまり立ちの真っ最中。一瞬自分で立つものの、すぐに座って→ハイハイに。
・しまってあるものを引っ張り出すのが好き。
・指差し、手拍子などの仕草をたくさんする。
・遊び食べが始まってしまった・・・。具体的には、一度食べたものを手で口から出して、また食べる。食べないorいらないものを床に落とす(苦笑)
・一人で遊ぶ時間が増えた。
・でもやっぱり後追いもする。
・夫や私、ぬいぐるみなどにキスををする。
・口に物を入れる回数が減った。
・乗せるとき以外はベビーカーをあまり嫌がらなくなった。
・セサミストリートのエルモや歌の場面が好き。

結構前からやっていたこともあるけれど、なんだか動作が慣れたといいうか、赤ちゃんから幼児になっていくんだなーって感じる場面が増えました。本当に赤ちゃんの時期ってあっという間で、ママ友の低月齢のお子さんを見ていると、すでに懐かしい・・・とすら感じたりします。

さて、いよいよ誕生日まであと一ヶ月。お祝いするのが今から楽しみです☆
[PR]
by gophillies | 2010-09-30 13:47 | my son
誕生日ブランチ
9月25日に、26歳になりました。息子の成長ぶりに年月の流れの早さを実感する毎日ですが、本当にこの1年間はあっという間でしたねー。
フィリーに着てから週末のブランチがすごく好きなのですが、この日は私のリクエストでパーク・ハイアットのXIXというお店に行きました。お昼の時間帯の方が、息子連れだとゆっくり出来るのでこれが大正解!
b0194576_14222887.jpg
最上階にあるレストランですが、天井が高くて気持ちが良い!しかもコストパフォーマンスも抜群です。コースで20ドルなのですが、前菜とデザートはブッフェで、メインは数種類の中から選べます。おまけに飲み物もお代わり自由。形式がニューヨーク・グリルのランチに似てますね。
b0194576_14262130.jpg
私たちが1組目だったのもあり、まだ綺麗に食べ物が並べられていました。ブッフェの前菜も、メインのステーキも美味しかったです☆デザートのケーキ類はけっこう甘かったですが、クッキーやビスコッティなんかはそうでもなかったので、次からは焼き菓子メインに選ぼうと思いました。やっぱりアメリカのケーキはしっかり甘くて、日本の繊細な味が懐かしいです。
でもここは絶対またリピートすると思います。メニューも変わるらしいので、夫は毎週末でも来たい!と言っていました(苦笑)赤ちゃん連れも他に数組いたし、ハイチェアもあるので、それもポイント高いですね。

b0194576_1443229.jpg夜は家でのんびり過ごしながら、シャンパンを飲みました。アメリカでは Louis Roedererがお手ごろだったようで、ご機嫌な夫。このシャンパン、すっきりしていて料理ともよく合いますね。我が家の記念日によく登場する、大好きな銘柄です。

夫「5年前とかの誕生日に、将来フィラデルフィア来るって思ってた?」
私「いや・・・、思ってなかった・・・(どんな質問なの?)」
夫「でも、これからさらに5年後になったら、どこにいると思う?」
私「東京だと思うけど、先進国ならありえるかも・・・」
夫「でも、インドとかアフリカも、なくはないよね!」
私「いや、それはない!!」

その後可能性のない移住先についてしばし会話をしましたが、確かにどんな場所にいても、日本にいる親族や友人からも繋がっていられるし、便利な世の中だなあーと実感した誕生日でした。
[PR]
by gophillies | 2010-09-27 15:15 | restaurant/cafe
Reading Terminal Market
東京は最近涼しいみたいですが、フィリーはなぜか今週ずっと暑いです・・・。もう秋が来ると思って夏物を奥の方にしまったので、着るものに困ります(涙)9月後半なのに、タンクトップやキャミソールの人がいるなんて思わなかったよーーー。早く秋物の洋服が着たいです。といっても、目新しいものはまだ買えてませんが。。。(ファッションの話はまた改めて書くことにします。)

今日はそんな暑い中、久しぶりにReading Terminal Marketに行ってきました!
b0194576_13392118.jpg
仮住まいのアパートメントからはわりと近かったのですが、今の家からは20分ちょっとかかるので、足が遠のいてしまっていたんです。が、やっぱりここは楽しいし、安い!フィラデルフィア市民の胃袋ですな。というわけで、ちょっとご紹介したいと思います。
b0194576_13461098.jpg
左上より時計回りに、いつも買う魚屋、近所にもあるMetropolitan Bakery、自由に使えるテーブル&チェア、食べたことはないけれど、なにやら甘そうなお菓子屋さん。
この他にも肉屋や、八百屋、カフェ、デリ、チーズショップ、スパイスショップ、ハニーショップetc、食材ならほとんどなんでも揃うのでは?という充実ぶりです。アーミッシュの人たちが出店しているお店もあって、ハムやベーコンもとっても美味しい。店員さんの服装にも注目です。(アーミッシュの人たちなので、昔のヨーロッパ人のような格好をしてます。女性はちょっとメイド服的な・・・。)ちなみに写真で紹介したかったのですが、アーミッシュの人たちを撮影することはNGだと聞いたことがあったので、控えておきました。

たくさん買い物して、作ったのはブイヤベース。やっぱり魚介類は出汁が美味しいわ。
b0194576_140744.jpg
鯛を買ったので、ポアレ(ソテー?)にしようと思っていたのですが、丸々一匹買ったので、あらが勿体ない!ということでメニュー変更。ちなみに魚屋さんでは魚は頭を切り落としてくれて、内臓の処理もやってくれます。ちなみに、とっても大事な鯛の頭は言わないと捨てられそうな勢いだったので、ちゃんと申告したほうが良さそうです。他にはムール貝と海老を入れました。明日は週末なので、残ったスープでリゾットを作る予定。いつもリゾット目当てで作るブイヤベースです。
そして明日が私の誕生日なので、夫が仕事帰りに花を買ってきてくれました。日本にいる頃から、おそらく私よりも花を買ってきてくれる夫。いつもありがとう!

息子が風邪をひいてバタバタした一週間でしたが、週末はのんびり過ごしたいと思います。
[PR]
by gophillies | 2010-09-25 14:12 | a day in Philly
初めての風邪。
日曜日の夜中から、息子が高熱を出しました。夜中なので病院に行くとしても、emergency hospitalにかかることになるし、それにしては大げさだし・・・、と夫も私も大慌て。生まれて初めての風邪だったので、こういう時はどうすればいいんだっけ?と病気の本をひたすら読み込んでました(苦笑)朝になると少し熱は下がったものの、また午後になって上がったり下がったり。しかし、当の息子はけっこう元気で機嫌もよく、離乳食も完食。その様子を見て、ちょっと安心しました。2晩ほど寝苦しそうにして何度も起きてしまうのが可愛そうでしたが、今夜はもうぐっすり。熱もないし、大分良くなったみたいで一安心です。良かった良かった。

ちなみに・・・アメリカの病院ではよほどのことがない限り、タイレノール(熱冷ましの薬)を飲まされておしまい、という治療が多いらしいのです。結局今回は病院へ行かずに治ったのですが、友人の話によると、同じく子供が38度ほどの熱を出した時に連れて行ったら、「タイレノール飲ませなさい」と言われ、病名を聞いても「もうBabyは大丈夫よー!」みたいな感じだったようです・・・。すごい信頼度だな>タイレノール。
個人的には薬を飲むのが好きではないので、医者から処方された薬以外(つまり市販の薬)を自分で判断して息子に飲ませることに抵抗があるのですが、次に風邪をひいたときにはお世話になるのかもしれません。

薬の話だけではないのですが、アメリカの子育てに関しては、すごく合理主義だなあというのを感じます。良いか悪いかは個人の判断になりますが、色々な面で両親の負担を減らす部分が大きいことも確かです。
でも日本の「頑張って出産・子育てをする」みたいな精神も尊重したいですし、アメリカの「要領よくママ業をこなす」部分も見習いたいなあーと思います。
[PR]
by gophillies | 2010-09-22 14:27 | my son
AMADA
フィラデルフィアも今週からレストラン・ウィーク。ということでレストランの新規開拓ということで、以前から行ってみたかったお店に訪れました。それがOld Cityにある、スペイン料理のAMADA
b0194576_14104190.jpg
スペイン料理、というかタパス・バーですね。ここはOpen Tableという予約サイトでもかなり人気で、友人のBingからも「すごくお勧め」と言われていた大本命!夫も私も、スペイン料理大好きですから、期待は高まります。店内はけっこう広くて、それでも満席でした。ちなみにここでもちゃんとハイチェアが用意されていて、ありがたいです。

b0194576_14122970.jpg今回はレストラン・ウィークのメニューということで、前菜とメインを2種類づつ選んで、デザートが1品付くコース。なので2人で計10皿。写真のように小皿で出てくるとはいえ、けっこうお腹いっぱいになります。味は噂どおり抜群!メインの中には創作料理的なタパス(チョリゾの乗ったピザ?やトリュフソースの鶏肉ソテーなど)もありましたが、どれも食べやすくてお酒が進みます。そして大好きなサングリアがこれまた美味。小さくカットされたフルーツとシナモン・スティックが入っていて、見た目も綺麗でした。
夫もこちらのお店をいたく気に入った様子。

子連れなのでそう頻繁には外食しない(?)けれど、レストラン・ウィークみたいなイベントがあるとまた来よう!という気持ちになります。これで一人35ドルはお得だなあー。
レストラン・ウィークは年に2回あるそうなので、次回はどこに行くか楽しみ!
[PR]
by gophillies | 2010-09-17 14:36 | restaurant/cafe
大人と乳児の和食
昨日に引き続き、料理の話です。
アメリカでの和食の一例を・・・ということで、本日のご飯。
b0194576_13665.jpg
大人のメニューが→秋刀魚の竜田揚げ、鶏肉とごぼうの炊き込みご飯、ひじきの煮物、わかめときゅうりの酢の物、大根の味噌汁。そして息子は→ささみと茹で野菜、大根と青海苔のおかゆ、ひじきの煮物、苺です。

H-Mart(韓国系スーパー)に行ったばかりだったので、和食も作りやすかったです。秋刀魚(冷凍)もごぼうも、油揚げも手に入ります。しかしねえ・・・竜田揚げは夫には好評だったのですが、やっぱりうーーーん、という感じ。まあ、冷凍だったので文句は言えませんが、次はもっと吟味して、美味しそうな魚を買おう。(生のさんまもありましたが、あまり新鮮そうじゃなかったので冷凍にしてみたのです。)
今まで日本で美味しい魚ばかり食べていたので、魚にはちょっとうるさい私。。。近海ものの魚しか扱わない、実家近くの魚屋さんが恋しいです。
ちなみに他のお皿に関しては、わりと思っていた通りの味になって一安心。アメリカのきゅうりは水っぽいので、塩もみをしっかり!がポイントです(笑)

息子の離乳食は後期になって作りやすくなってきました。そのかわり、量はけっこう食べるので、大人から取り分けしやすいものを作ろうと心がけてます。なので和食は便利ですね!ちなみにひじき煮は薄味にしてあります。
でもこのお皿、色々と仕切りがあって、その分の品数を用意するのが大変。。。和食はまだ良いけれど、洋食は2品ぐらいになってしまうし、急いでいるときはおかゆやクスクスに具材を混ぜてあげちゃったりもします。

でも食事作りはあまりプレッシャーにならないように、気分が乗るときにたくさん作って、あとはのんびりやるのが性に合っているようです。
[PR]
by gophillies | 2010-09-16 13:27 | cooking
アジアが恋しい
b0194576_14323194.jpg今日はまた暑さが戻ってしまったので、さっぱりしたものが食べたくなってタイ料理にしてみました。トマトと玉葱のサラダ、空心菜の炒めもの、パッタイ。
和食は大好きだけど、実は週に1食ぐらいでも全然平気だったりします。でも絶対欠かせないのが、ご飯。もしくはアジア料理。味付けに変化を持たせないと飽きてしまいます。トマトやチーズの味付けだったり、ドカン!とした肉だったり、そういうものも美味しいのですが、シンプルすぎるうえに重いんですよね・・・。アメリカ料理にも、合わせ調味量や薬味・出汁などを効かせてほしいものです。だからアジア料理を食べるとほっとします。そして和食はもっとほっとします。やっぱり食事は大事だなーと日々、実感!
そしてアメリカに住んでいると、アジア圏の国の人に親近感が沸きますね。チャイナタウンやコリアンタウンがあるおかげで、こちらでは珍しい野菜も手に入るわけだし。空心菜も、H-Martという韓国系スーパー(バスで20分ぐらいの場所)まで週末に行った時に買いました。ものすごく大量です(笑)

そして写真はないですが、デザートにはWhole Foodsで買ったAsian Pear(つまり日本で売っているような梨)を食べました。甘味は少なめですが、さっぱりしていて美味しかったです。
やっぱりアジアご飯には元気をもらいますねー。
[PR]
by gophillies | 2010-09-15 14:56 | cooking
フィリーで子育て、の会
今日は暑くもなく寒くもなく、とても気持ちの良い天気でした。
今月から始めたGymboreeに向かう途中のRittenhouse Squareで、思わぬ出会い(?)が。

昼休み中の夫と喋りながら歩いていたのですが、「日本人の方ですか?」と話しかけられたので、よくよく話を聞いてみたら、今日はこの公園で日本人のプレイサークルが開かれているとのこと。「あっちに、子供連れの日本人で集まってるんですよー」と教えていただいた方向を見ると、総勢30名(推定)の大規模なグループが!
まさかこんなに近所で、日本人のママさんたちを知り合えるなんて・・・と、Gymboreeはお休みして(とは言っても自由参加ですが)、お仲間に入れてもらうことに。

でも実は、こちらのグループはmixiの「フィリーで子育て」というコミュニティで運営されていました。

そして私、このコミュニティも入っていたんです・・・。
が、あんまりmixiを見ないもので、プレイサークルの日時もチェック出来ていませんでした。。。
次回からはちゃんと参加できるようにしたいものです。

b0194576_12471368.jpg途中参加ながら、お話した数名の方と連絡先を交換し、さらにそのうちのお一人とアイスクリーム屋でお茶してきました。
Capgiroというジェラート屋さんです。
ここのジェラートは本格的で気に入っています。今日はモカとオレンジにしてみましたが、やはり美味☆

お話するにつれ、海外での子育てにおいて、やっぱり日本人の方との付き合いは大事だなあと感じました。情報交換する意味でも、同じ苦労(?)を語る上でも、やっぱり心強いですね。

その後は夕飯の買出しに「Trader Joe's」というスーパーへ。日本人の間では、通称「トレジョ」です。
b0194576_12481024.jpg
Whole Foodsと同じオーガニック系スーパーですが、お値段も雰囲気もグッとカジュアル。店員さんもかなりノリが良く、店内アナウンスで歌を歌ったりしている時がありました(笑。バイトの誰かが最終日だったらしい・・・)
こちらはオリジナルの商品が多いのですが、どれも味がイケてます。お菓子もナッツもヨーグルトもお気に入り!家からは10分程の距離ですが、近所のスーパー(徒歩1分)よりも好きなのでよく買い物に来てしまいます。

というわけで、今日の出会いがどこかに繋がると良いなー。
そして明日こそGymboree行ってきます。
[PR]
by gophillies | 2010-09-14 12:55 | my son
ニューヨーク旅行-4日目ー
さて、いよいよニューヨーク旅行も最終日。
そして、Barneys New YorkのWarehouse Saleも最終日・・・。
まったくもって狙ったわけじゃないのに、この偶然。
本来ならバスの時間までのんびりのはずが、案の定「覗いてみるか」という誘惑に負けてセール会場のチェルシー方面へ向かいました。
b0194576_14495834.jpg

お馴染みチェルシー・ホテル。5年前の旅行で、ホテルの滞在客を装って各フロアを徘徊したことがあります。客室からギターの演奏が聞こえてきたり、たくさんの絵画が飾られていたり、非常に興味深かったです。ホテルの人に「どこの客室に宿泊してますか?」って聞かれたときに、適当な部屋番号を言ったのですが、本当にその部屋があったようです。「いやー、ここのホテルって観光しにやってくる人が多いから、念のため聞いただけだよ。悪かったね」みたいなことを言われて気まずい思いをしました。。。その当時大学で勉強してたことにも関係があったし、いい加減もう時効だと信じたい。

チェルシー界隈は、ギャラリーやお洒落なお店が多くて見て回るには楽しいエリアですね。そして、以前よりも小奇麗になった印象。

そうこうしているうちに、目的地に辿り着きました。
b0194576_1411194.jpg
"SHUT UP AND SHOP!"が全てを物語るように、中は静かながら本気モードの買い物客でいっぱい。たぶんここが、マンハッタン中で一番人口密度の高い地域だったかと思われます。特に靴コーナーでは皆、目が真剣です。最終日だったので、値段もセール価格からさらに50%、75%オフ。こうも値引きされると半額ぐらいじゃ物足りなくなってきます(笑)

b0194576_1413625.jpg靴を受け渡し時の、「このJIL SANDER誰のよ?」「LanvinとALAIAの人は?」みたいな、高級ブランドの買い物に似つかわしくないやりとり(イメージは朝市の競り。。。)などを聞きながら、私もなんとか大好きなブランドの靴をゲットしました。DEREK LAMのプラット・フォームサンダル。春夏のコレクションがマリン・テイストで可愛かったのですが、靴も何気に気になっていました。靴売り場をぐるぐる回った結果、私のサイズが手に入ったので嬉しかったです。お値段もプチプラとすら言える、110ドル。元値は500ドル以上するのにありえない・・・。

ちなみに洋服はMarc By Marc Jacobsの黒いブラウスを41ドル(元値178ドル)で購入。色々見ると疲れる&合うサイズもなかなかないので、早めに会場を出ましたが、色んな意味でしばらく呆然としてしまいました。Warehouse saleはショッキングです。目の前で下着姿になって着替える女子もいるし、2000ドル以上するような、シフォンのドレスがビリビリに破れて売られていたり・・・。そのうち慣れるのだろうか。

その後は再び散歩に出ていた夫と待ち合わせて、チェルシー・マーケットへ。
b0194576_14243253.jpg
元ナビスコの工場だったこちらが、今では美味しい食べ物が手に入るマーケット(フード・モール?)になってます。ここでは目当てのJacques Torres chocolateというお店のミルクチョコレート・プレッツェルなどをお土産に買いました。塩味と甘さがマッチして、かなりやみつきになる味です。

本来ならミート・パッキング・エリアに足を伸ばしたいところですが、そろそろバス停に向かわないと・・・ということでチェルシー・エリアにはお別れ。遅めのランチとして食べたBrooklyn Bagel & Coffee Companyのスモークサーモン&クリームチーズベーグルが激ウマでした。今まで食べたベーグル・サンドの中で一番だったかも!また食べたい。


というわけで、最初から最後まで食べ物と買い物のことばかり書いてしまいましたが、久しぶりのニューヨークを満喫してフィラデルフィアに戻ってきました。まだ住み始めたばかりだけれど、我が家はほっとしますね。今週末は家の整理などをしながら、のんびりします。
[PR]
by gophillies | 2010-09-12 14:39 | travel
ニューヨーク旅行-3日目-
この日の午前中はニューヨークでやりたかったことの一つ、美容院へ行ってきました。訪れたのは、ミッドタウンにあるHair Mates NEWYORKというお店。日系のヘアサロンで、元々はニューヨークのお店ですが、東京にも店舗があるようです。硬い・太い・クセがある、と三拍子揃った私の髪の毛を、ふらっと入ったアメリカの美容室に任せるのはあまりにもリスキー!なので、安心できる日本人のスタイリストさんに切ってもらいたかったのです。
こちらはヘアサロンの料金が軒並み高いと言われるマンハッタンでは、わりと良心的なお値段だと思います。円高の今だと、チップを入れても日本とそんなに変わらないぐらい。それでも、いつも美容院を安く済ませる私には大きな出費でしたが、その価値は十分にあったと思います。赤茶けた髪の色も綺麗に直してもらい、髪もバッサリ肩下ぐらいまで切る。気分もさっぱり。これで来年まで持つかな・・・(笑)

夫は息子とセントラル・パークを散歩してくれていたので、お昼すぎに合流。これまた日系のカフェベーカリー、Zaiyaで腹ごしらえをした後は、通りかかったBryant Parkで一休み。
b0194576_12274733.jpg
天気が良いと、日差しが強くてかなり暑く感じます。でも皆、日を浴びてるのよね・・・。他人事ながら、ちゃんと日焼け止めは塗ってるのだろうかと心配になる。Bryant Parkはそんなに大きな公園ではないけれど、New York Public Libraryの裏&ビルに囲まれている立地や、ベンチがたくさん並んでいる雰囲気が好きです。

5番街を歩いていたら、ブラジルの国旗やユニフォームを着た、やたら陽気な人々に遭遇するので何だ?と思っていたら、すぐ近くで道路を通行止めにして、大規模なお祭りが開かれていました。
b0194576_12453195.jpg
露店には美味しそうな食べ物がいっぱい。残念ながらもうお昼は食べてしまっていたので、とうもろこしの粉のパンにモッツァレラ・チーズの入ったおやつ(?)みたいなのを頂きましたが、見かけによらず量が多かった・・・。味は美味しかったけど、どうせガッツリ食べるのなら串焼きの肉にするんだった。
ベビーカーだったので、人ごみの中を進むわけにもいかず、タイミングを見計らって5番街に戻りました。

その後はSaks Fifth Avenue、Bergdorf Goodman、Barneysnなどの有名デパートもさっと見て回りましたが、昨日色々買ったのもあり、完全にウインドーショッピング。でも秋物が目に付いて、頭の中で着たい洋服のイメージは固まってきたので良かったのだろうか。それにしても、Bergdorf Goodmanは素敵です。そしてブーツ!今年はショートブーツが気になるけど、防寒対策にコート優先かな。。。

b0194576_12594810.jpgセントラルパークでは、入り口付近のベンチでのんびり。とはいっても、夕飯前にホテルに戻りたかったのでそんなに時間はありませんでした。
写真は、大道芸人(なのだろうか?)の人形劇。とっても怖いので思わずカメラに収めてしまいました。でもこの劇、子供向け&ハイテンションで繰り広げられていて、とってもシュール。狙っているのか、なんなのかよくわかりません。ちなみにアメリカの子供向け番組も、けっこうキャラクターが可愛くなかったりします。なんでかしら?

さんざん食べて「あっさりしたものが食べたいね」なんて話してたのに、夕食は悩んだ挙句に「せっかくコリアン・タウンが近いから!」という理由で焼肉に決定。
Don's Bogam BBQ & Wine Barというお店です。
b0194576_13113091.jpg
赤身が好きな自分は、アメリカの牛肉は口に合うようです。ホルモンが恋しいですが、かなりの量のお肉が食べられて幸せでした。ちなみにアメリカのレストランはだいたいYelpという口コミのサイトで調べたりするんですが、けっこうハズレなくて便利でした。日本でいう食べログみたいなものですね。
ニューヨーク最後の夜も、美味しくて大満足です。
[PR]
by gophillies | 2010-09-10 13:17 | travel