A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
帰国のお知らせ
帰国前にカリブ海クルーズへ行ってバタバタしていたり、なかなか帰国の日程が決まらずにいましたが、27日に帰国することが決まりました!
今は無事に引越しが終わって、フィラデルフィアのホテルにいます。やっぱり空っぽになった家を見ると、寂しくなりますね...。でもサンクスギビングはゆっくり最後のフィリー滞在を楽しみたいと思います。その後はNYのホテルに滞在してからJFK空港から飛行機に乗ります。Thanks USA!!

今後はおそらくタイトルを変えてブログを継続したいと思いますので、よろしくお願いします。
[PR]
# by gophillies | 2012-11-22 09:08 | a day in Philly
ナイアガラ旅行
フライトがキャンセルされたため、一泊だけになったナイアガラ旅行。到着した時はちょっと落ち込んでましたが、ホテルに着いて部屋からの眺め(左上)にすっかり気分が良くなる。宿泊したのは、Marriot Gateway Fallsview。とても快適だったので、ここに二泊したかったな〜と思いました。
b0194576_13325444.jpg
ナイアガラの滝は、本当に一度見られて良かったです。地形のスケールの大きさにびっくり。上から見ると、どうしてこういう滝が出来上がったのか不思議に思うぐらい現実離れしてました。

お昼ご飯はまたまた日本食レストラン。TAKIというお店へ。ランチコースが10ドル以下から食べられて、とてもお得でした。味も美味しかったですし、フィリーにあれば通うのにな...と思いました。その後は、Maids of the Mist(霧の処女号)という遊覧船に乗って、滝を近くで見る。霧っていうだけあり、近くに行くとしぶきで眼前が真っ白。何も見えないです。そして「船だから喜ぶはず!」と思っていた息子がびびりまくって、固まっていました(苦笑)この日は疲れてホテル内のレストラン、Milestone Grillというお店で食事。カナダというか、ブリティッシュコロンビア周辺のチェーンレストランらしいのですが、アジアンっぽい味付けがあったり、お酒も充実していて、期待以上に美味しかったです。

次の日は、朝からタクシーでナイアガラ・オン・ザ・レイクという小さな街へ。ワイナリーが集まる界隈で、ナイアガラ川がオンタリオ湖にそそぐ河口部分にあります。ロケーションもさることながら、周辺の家々や自然の美しさが素晴らしい場所。街の中心部はお店が集まり、英国植民地時代の面影が残ります。とても可愛らしい町並みで、駆け足だったのが勿体ないぐらい。メイプルシロップを使ったお菓子等をお土産に購入したり、ご当地ワインを試飲したりしました。
b0194576_1333990.jpg
この日のメインイベントは、ワイナリー。Peller Estates Wineryという、この辺りでも有名なワイナリーの一つに訪れました。広大な敷地で、門(?)からメインの建物まで歩くのも意外と遠い...。ワイナリーではツアーに参加して、ワインが作られる工程やブドウ畑やワインセラーを見学。ここでもまた試飲しました。ランチは、コースだと、帰りの飛行機に間に合わないかもしれないということで。ブドウ畑が見渡せるテラスで簡単にサンドイッチやスープなどを頂きました。カナダの料理番組に出ているというシェフがいるレストランなので、とても美味しかったです。お土産にはワイスワインを買って、すっかり満足。日本から来る方はこのあたりで一泊しても良いぐらい、見どころがある街でした。他にもたくさんのワイナリーがあるので、もっと回ってみたかったな〜。初カナダでしたが人も親切で食べ物も美味しく、また是非訪れたい!あ、ナイアガラはケベック州が近いからか、フランス語喋ってるカナダ人も多かったですよ。いつかモントリオールに行きたい...。
b0194576_13332642.jpg

[PR]
# by gophillies | 2012-11-07 08:21 | travel
両親滞在 in フィリー&NY
だいぶ時間がたってしまいましたが、9月13〜20日まで両親がフィリー&NYに来てくれた時の旅行記です。

【1日目】JFK空港ーペンステーション(NY)ー30thステーション(PA)を乗り継いでやってきた両親。ものすごい長旅です。途中、タクシーの荒々しい運転にびびる母。「案外建物が古いな」と、さっそくあちこちのボロさに気がつく父。Welcome to USA、という感じですね。宿泊はRaddison Plaza-Warick Hotel。我が家から至近距離で便利ですが、可もなく不可もなく?この時期のホテルはどこもハイシーズンでしたね。夕飯は我が家でステーキ。大きさにびっくりされました。

【2日目】まる1日でがっつり観光!ルートは、リバティ・ベル→独立記念館→市内のHop on Hop offツアー→レディング・ターミナル・マーケット→フィラデルフィア美術館でした。その後、少しだけ買い物したり。ご覧の通り、主要スポットを全部詰め込みました。だって、この日しか観光出来ないのだもの。しかし、まわりすぎてよくわからなかったかもしれません。夕食は、Branzinoというイタリアン。前菜が美味しかったですが、お目当てのパスタの味付けがちょっと濃いめでした。デザートに、Capogiroでジェラート。

【3日目】父がワシントンDCに行ってしまったので、この日は母と2人でフォーシーズンズのFountainというレストランでブランチ。その後、また細々したものを買ったり、買ってもらいました。この日はほんとに食欲がないとの事で、夕飯は我が家のお茶漬けでしたよ。なんか、昨日が飛ばしすぎたようです。父もDCは3時間だけしかいなかったようです。3時間でいったい何が出来るのでしょうか。。。

というわけで、駆け足だったフィリー滞在。4日目からはNYですが、さらに駆け足!なぜなら2泊しかしないからです。

【4日目】アムトラック(電車)でニューヨークへ。滞在先は、Hilton New York。まあ巨大なホテルでした。お昼の中華、Shun Lee Palaceというお店。けっこうZAGATとかで評価は良いのだけど、中華料理じゃ日本には勝てないと思った。どの国にも横浜中華街があればな〜。この日はマンハッタンのHop on Hop offツアー。しかしバス停が多くて疲れました。でもマンハッタンは広いので、このツアーでだいたい主要スポットを見る事が出来て良かったです。夜は日本食が良いということで、寿司田へ。本当は初花行ってみようかと思ったけれど休みでした。寿司田は安定の美味しさ。ネタも良いし、シャリも固かったり、甘すぎたりせずに、日本で食べる美味しいお寿司という感じ。この日は夫が仕事だったため、夫だけ夜遅くにホテルの部屋に到着しました。

【5日目】朝から母親の体調が優れず、母親以外でMOMA。特別展の世界の子どものおもちゃ展が面白くて、息子もけっこう楽しそう。でもこの日のメインは、MOMA内にあるレストラン 、The Modernのランチ。息子連れなのでバーエリアだったけれど、出てくる料理がどれも美味しくて感動しました。アメリカで食べたレストランで一番美味しかったかも。盛りつけもサービスもスマートで、いつかコースが頂けるメインダイニングにも行ってみたい。その後、フィフスアベニューでお買い物。母と一緒に行けなくて残念だったけれど、頼まれた財布を購入し、それから自分用にも前から欲しかったブレスレットを父に買ってもらいました。やったー。ありがとう父!この日は母の「お弁当と緑茶が欲しい」という希望により、また日本食レストランへ。その名もNIPPON。寿司やすきやき、蕎麦など一通り頼めて、ホテルにいる母用のお弁当まで作ってもらえました。懐かしい味でどれも美味しかったです。2日連続で美味しい日本食を食べて、やっぱり日本に帰国するのが楽しみだな...(食事的に)と思いました。

b0194576_1332330.jpg
写真は、5日目にMOMAに行った後のセントラルパーク。岩もどんどん登って行く息子。ほんとにここは広い。ニューヨークというかマンハッタンで子育てしたら、セントラルパークが近所の公園だったりするんでしょうね。都会のど真ん中なのに自然に触れ合えるなんて素敵。

【6日目】両親が帰国のため、JFKまで見送り。その後、私たちはナイアガラに向かうため、数時間後のバッファロー空港行きに乗るはずだったのですが、、、飛行機が飛びませんでした!(号泣)しかたなく、空港近くの適当なホテルで一晩を明かし、次の日の朝に向かうことに。せっかく2泊する予定だったのに、かなり残念でした。
[PR]
# by gophillies | 2012-10-30 13:32 | travel
Happy 3rd Birthday!
本日、10月29日は息子の3歳の誕生日でした。今年は初めて、家族だけでささやかなお祝いにしました。いつも一緒にお祝いしてくれる友人たちが一時帰国中というのも大きいのですが、それよりもやはりハリケーン・サンディの影響が大きいです。
b0194576_11434736.jpg
最初は可愛らしい女の子だったのに、恐ろしい女!!・・・とはいえ、フィラデルフィアはやばい感じと言われながらも、今のところ大丈夫です。とりあえず電気や水道が止まるのが一番嫌なのですが、この辺りはそんな様子もなさそう。東海岸はハリケーンが多いわりに、インフラがしょぼいのでね。

と、話がズレましたが、今日はケーキと少しだけ凝ったディナーでお祝い。
b0194576_12534924.jpg
メニューは、アボカドとトマトのサラダ・スモークサーモンのマリネ・じゃがいもとブロッコリーのポタージュ・クラブケーキ・パン(バゲット・ピタパン)です。手に入りやすい材料ばかりで、洋食になりました。クラブケーキとは、カニの身にスパイスなどを混ぜて焼き上げる料理。先日の持ち寄り食事会で友人が手作りしたのが美味しかったので、真似してみました。が、もっと精進しなくては友人の味には近づけなさそうです。

デザートはスフレチーズケーキ。初めて作ったのですが、しゅわしゅわとける口当たりで美味しかったです。これは息子も大好きだったらしく、夫や私よりも先に完食して、もっと欲しいと言ってました。

b0194576_1213363.jpg実はハリケーンの影響なのか、Amazonでオーダーした息子のプレゼントがまだ届いていないので、ほんとに食べ物だけでのお祝いになってしまいました。ちなみこちら(左)です。
このGreen Toysのおもちゃはどれも良く出来ていて、今まで買ったものは全て息子のお気に入り。というわけで、男の子らしいこちらの工具セットにしてみました。

というわけで、全体的にささやか過ぎる感じでしたが、来年はもう少し豪華に出来たら良いなと思います。

More
[PR]
# by gophillies | 2012-10-30 12:10 | my son
The Jesus and Mary Chain/Animal Collective
先月の旅行記を...と思ったのですが、さらに忘れてそのまま書かなくなってしまいそうなライブレポートを先に投稿します。

9月8日には、The Jesus and Mary Chainへ。一緒に観に来てくれたのは、Beirutも一緒に観た夫の同僚のE。会場はUnion Transferという去年の9月21日にオープンしたという新しいライブハウスです。'indie-rock-centric concert venue'というだけあって、好きな感じのバンドが多く来てます。(画像はお借りしました。)
b0194576_2505541.jpg
昔はファーマーズ・マーケット&鉄道会社の荷物預かり所だったらしく、外観も内装もちょっと昔の雰囲気ながら、レンガなどが使われていてなかなか素敵でした。

そしてジザメリ。ロンドンで観ようとした公演がキャンセルになってしまったため、ずっと単独公演が観たかったのです。(でもキャンセルになったおかげで、完売してたはずのマイブラの公演にチケットを変更出来たという謎。)
b0194576_255814.jpg
セットリストは過去のアルバムを網羅したバランスの良い選曲。アンコール前までの「Snakedriver」で始まって「Reverence」で終わる流れも良かったと思います。マイブラを彷彿させる爆音でのライブ。ただ、以前サマーソニックで観た時の方が演奏が良かった気はします。やっぱり再結成組は、一度観てしまうと次回以降のハードルがあがってしまう。。。
観客はわりと年齢層高め。若い人は黒づくめ&ゴスっぽい格好をしていて、全体的にもの静かな感じだったのが意外でした。メンバーのルックスはもうゴスっぽくない普通のイギリスのおじさんですけどね。観客に背を向けるようなライブを行ってたという、昔の尖ったイメージを保つのはさすがに難しい。とはいえ、今のところは新しい楽曲の発表もなく、ライブのみ行っているバンドなので、何を期待するかと言えば、昔の面影なんですよねえ。このあたりが再結成のジレンマ。

10月3日は、Animal Collective @Mann Centerのライブ。フィリーに来て初めて日本人の友人とライブを観に行くことが出来ました。こうやって書くとちょっと寂しい人みたいですが、むしろ帰国前ギリギリのタイミングで日本人の誰かと一緒にAnimal Collective観れることが凄い。
b0194576_3364255.jpg
会場も半屋外になってて好きだし、Animal Collectiveのライブは初めてだったのですごく楽しみにしていました。平日ということもあって、けっこう空いてた印象でしたが。
写真の口の中?みたいなセットは音楽に合わせて光ったりしてけっこう大掛かりです。このあたりが観客を盛り上げる雰囲気の演出、という感じでさすがアメリカのバンドだな〜と。やっぱりライブもエンターテインメント!セットの流れも演奏も素晴らしく、時折挟まれるダンスナンバーに自然とのってしまう。少しひんやりした野外の空気の中で、怪しげに光るセットを観ながらビール飲んで音楽聞いて踊るなんて最高!ふと隣を観れば、会社帰りとおぼしき男性(おそらく一人で来た)がものすっごい踊っててびびりましたよ。ライブに必要なのは、こういう日常を良い意味で忘れられる開放感なのかもしれないなあと思わされました。そういえば過去のライブで特に印象に残ったやつは、とにかく音楽に夢中になって、自由になれる瞬間があった気がします。中毒性あるね。また日本で観たいなー、Animal Collective。
[PR]
# by gophillies | 2012-10-20 02:54 | music