A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
The Jesus and Mary Chain/Animal Collective
先月の旅行記を...と思ったのですが、さらに忘れてそのまま書かなくなってしまいそうなライブレポートを先に投稿します。

9月8日には、The Jesus and Mary Chainへ。一緒に観に来てくれたのは、Beirutも一緒に観た夫の同僚のE。会場はUnion Transferという去年の9月21日にオープンしたという新しいライブハウスです。'indie-rock-centric concert venue'というだけあって、好きな感じのバンドが多く来てます。(画像はお借りしました。)
b0194576_2505541.jpg
昔はファーマーズ・マーケット&鉄道会社の荷物預かり所だったらしく、外観も内装もちょっと昔の雰囲気ながら、レンガなどが使われていてなかなか素敵でした。

そしてジザメリ。ロンドンで観ようとした公演がキャンセルになってしまったため、ずっと単独公演が観たかったのです。(でもキャンセルになったおかげで、完売してたはずのマイブラの公演にチケットを変更出来たという謎。)
b0194576_255814.jpg
セットリストは過去のアルバムを網羅したバランスの良い選曲。アンコール前までの「Snakedriver」で始まって「Reverence」で終わる流れも良かったと思います。マイブラを彷彿させる爆音でのライブ。ただ、以前サマーソニックで観た時の方が演奏が良かった気はします。やっぱり再結成組は、一度観てしまうと次回以降のハードルがあがってしまう。。。
観客はわりと年齢層高め。若い人は黒づくめ&ゴスっぽい格好をしていて、全体的にもの静かな感じだったのが意外でした。メンバーのルックスはもうゴスっぽくない普通のイギリスのおじさんですけどね。観客に背を向けるようなライブを行ってたという、昔の尖ったイメージを保つのはさすがに難しい。とはいえ、今のところは新しい楽曲の発表もなく、ライブのみ行っているバンドなので、何を期待するかと言えば、昔の面影なんですよねえ。このあたりが再結成のジレンマ。

10月3日は、Animal Collective @Mann Centerのライブ。フィリーに来て初めて日本人の友人とライブを観に行くことが出来ました。こうやって書くとちょっと寂しい人みたいですが、むしろ帰国前ギリギリのタイミングで日本人の誰かと一緒にAnimal Collective観れることが凄い。
b0194576_3364255.jpg
会場も半屋外になってて好きだし、Animal Collectiveのライブは初めてだったのですごく楽しみにしていました。平日ということもあって、けっこう空いてた印象でしたが。
写真の口の中?みたいなセットは音楽に合わせて光ったりしてけっこう大掛かりです。このあたりが観客を盛り上げる雰囲気の演出、という感じでさすがアメリカのバンドだな〜と。やっぱりライブもエンターテインメント!セットの流れも演奏も素晴らしく、時折挟まれるダンスナンバーに自然とのってしまう。少しひんやりした野外の空気の中で、怪しげに光るセットを観ながらビール飲んで音楽聞いて踊るなんて最高!ふと隣を観れば、会社帰りとおぼしき男性(おそらく一人で来た)がものすっごい踊っててびびりましたよ。ライブに必要なのは、こういう日常を良い意味で忘れられる開放感なのかもしれないなあと思わされました。そういえば過去のライブで特に印象に残ったやつは、とにかく音楽に夢中になって、自由になれる瞬間があった気がします。中毒性あるね。また日本で観たいなー、Animal Collective。
[PR]
by gophillies | 2012-10-20 02:54 | music