A day in Tokyo
inphilly.exblog.jp
ブログトップ
フィラデルフィアの物件
今日は晴天ですごく気持ちの良い日です。
なのに私は、なぜか再び(三たび?)アパートメントを見に、息子を抱っこしながら汗だくで歩いていました・・。

というのも、本当は今週の水曜日に入れるはずだったアパートメントの準備がまだ整っていないと告げられてしまったから。このまま延々と付きあってられない!と、一応他のアパートメントも見てみることにしたのです。結局本日は収穫なし&やっぱり上記のアパートメントに明日から入れるそうなので、もう探さなくて良くなりましたが、不動産探しは本当にタイミングと運が大事ですね。やっぱり良い物件を見つけるのは難しい!と今回実感しました。

フィラデルフィアの不動産についてですが、センターシティのいわゆる治安が良いとされている地域は、アメリカの他の都心部と比べると手頃なのではと思います。それこそNYやカリフォルニア辺りは不動産の高騰で物件探しが大変なようですし、シカゴやボストン、ワシントンDCなどもわりと価格が高いという話を聞きます。
フィラデルフィアのアパートメントを回ってみた感想は、東京で同じ金額を支払うよりも一部屋、もしくは一回り広い部屋が借りられる、という印象です。例えばこちらの1LDKの場合、東京だと間取りが1LDK+Denだったり、2LDKだったりするんじゃないかと。そして、かなり都心部に住むことが可能なので(なぜならセンターシティ・エリアが限られているので)同様の物件の場合、東京の都心よりも安価なのは確かです。

しかし、不動産の契約内容や公共料金の支払いは日本と異なっていたりするので注意が必要です。
例えば、基本的に一年契約なので途中で退去する場合、自分たちでsub-let(次の借り手を探すこと)をしなければならない。hot waterはwaterでなく、別料金がかかる。(タウンハウスの場合。含まれていることもある。)など。さらにアパートメントが大規模な場合、受付やジムのスタッフに年末のボーナスというかチップを渡す風習もあります。うーん、ややこしいですね・・・。

ただ、申し込みの際に払うapplication feeと敷金(デポジット)はありますが、いわゆる入居時の礼金もこちらにはありません。敷金は1か月分の賃貸料、そして最初と最後の月の賃貸料を最初に払います。つまり全部で3か月分の賃貸料を入居前に払います。物件によって異なりますが、こちらがわりと一般的なようです。

なんだか長くなりましたが、色々な面倒はあってもやっぱり新しい家を探すのはワクワクしますね。珍しい物件が色々とあるので(ロフトだったり、ウッドデッキが付いていたり、共用設備がプールだったり・・・)、間取り図を見るのも楽しかったです☆
[PR]
by gophillies | 2010-08-20 04:06 | settling In